FXでテクニカル分析の勉強は絶対に必要なのか?

テクニカル分析という言葉は、

FXをする上で絶対に誰でも聞いた事があるワードでしょう。

雑誌での紹介、有名トレーダーが使っているテクニカルなど、

それを使えば勝てるんじゃないかと思わせるようなものばかり。

 

でも初心者からすれば、

そもそもテクニカルって何?って形から入ると思うし、


テクニカルっているんかな~

色々なインジケーターがあって分からんよ~

 

絶対にこう考え込んでしまう。

 

でも、実際のところはどうなんでしょうか?

テクニカル分析を使えば勝てるなんて都合のいい話が

この世に存在するんでしょうか?

 

バッサリ結論からいうと、テクニカル分析は必要ありません。

私自身が一切使ってなくても勝ってるからです(笑)

 

といってもテクニカル分析自体が分からない方もいると思いますので、

まずはテクニカル自体が何なのかを説明した上で、

その可否について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

テクニカル分析とは?

テクニカル分析(Technical Analysis)とは、

為替相場の動向をチャート(グラフ)によって分析する手法のことです。

 

よく対でファンダメンタル分析という経済指標を基に分析する手法が

挙げられますが、これは何も気にしなくてもいいです。

重要な指標や発言がある際はポジションを事前に決済するなど

リスク回避に使ったりしますが、今は頭の片隅でOKです。

 

殆どのトレーダーがこのテクニカル分析を使うのですが、

これは「トレンド系」と「オシレータ系」に大きく2種類に分けられます。

トレンド系

トレンド系とは値動きの強さ、トレンドを分析するものです。

一般的に知られている移動平均線はこのトレンド型に当てはまり、

「相場の上げ下げ」に関する方向を判断する際に使われます。

オシレーター系

これに対してオシレーター系とは、

売買の過剰なポイント(反転の有無)を判断する手法です。

ストキャスティクスやモメンタムと呼ばれる手法はこの範疇に入ります。

 

分からない言葉が出てきたと思いますが、

何となくの雰囲気でご理解いただければ問題ありません。

 

テクニカル分析を使わないという結論が前提だから

更に細かい用語について解説はしませんので、

知りたい方はGoogleさんに聞いて下さい(笑)

テクニカル分析は特に必要ない

上記テクニカルはほんの一部で、

突き詰めると訳の分からない数が存在します。

だから多くの書籍やブログで「何か使いなさい!」って

言わんばかりの書き方をしてるから、

初心者の人は特に学ぼうと必死になってしまう。

 

また如何にもFXの攻略法のごとく書いてあるから、

それも多くの方をテクニカルへ誘う要因となっている始末。

 

ここまでダメ押しされていると

学ぶ必要がないと考える方が難しいと思いますが、、

私の経験上言われてもらうと、

 

テクニカルだけでは勝てません。

むしろ、テクニカルは使わなくても勝てます。


2回目ですが、そもそも私が現在使ってないんだもん(笑)

まっさらなチャートに自分なりに考えるラインや記述をしたり

そんなシンプル方式でも十分勝てます。

むしろテクニカルがあると、チャートに重なったりしてて邪魔。

 

私の知っているトレーダーでもテクニカルオンリーを駆使して

多額の収支を計上している人を知りませんし、

使っていても「何らかの持ち味」にテクニカルを添えているような

プラスαの要領で用いている方が殆どです。


もしテクニカルだけで稼げるんなら

テクニカルを熟知している理系のお偉いさんやアナリストが

莫大な利益を上げているハズでしょうが、特に聞いたことありません。

事実はそれが物語っています。

テクニカル分析だけでは大きく稼げない理由

では、何故テクニカルが稼げないかというと、

 

1.裁量に比べて判断が遅れる

2.各種テクニカルのタイミングなんてそう来ない

3.皆が同じように知り、使っている


特にこの3つが代表して稼げない要因かと思います。

ではでは順に。

スポンサーリンク

裁量に比べて判断が遅れる

テクニカルってチャートが動いてから動き出しますよね?

これがトレードにどう影響するかというと


裁量トレーダーの場合

チャートが動く→トレードする

 

テクニカルトレーダーの場合

チャートが動く→テクニカル動く→トレードする


つまり、一手裁量トレーダーに比べて遅い。

この一手がトレードするにおいて致命傷になったり

チャンスを逃す要因に繋がりかねません。

各種テクニカルのタイミングなんてそう来ない

書籍や投資関連の雑誌を見ていると

 

・トレンドに乗れない人へ、ボリバンを使った鉄板手法!

・世界で最も有名なテクニカル分析の方法!

・ゴールデンクロスは買い!

・デッドクロスは売り!

 

このような見出しがある時点で読む気すらしませんが、

トレードで悩んでいる人からすれば、

ある意味で救済措置のような気がして見てしまうと思う。

 

でも上記のようなタイミングなんてそうは来ないし、

仮にタイミングよく到来したとしても勝てる保証はありません。

鉄板なんて言葉はトレードで最も似合わない言葉です。

皆が同じように知り、使っている

テクニカルを使っているトレーダーが100人いるとしたら、

継続的に稼いでいるのはせいぜい1~5人でしょう。

それでも多くがテクニカルを使っている。


・1~5人の少数はどうやって利益を上げているのか?

・多くの人がテクニカルを使っている

・書籍や雑誌通りの方法を使っている


もし貴方がどうしてもテクニカルで稼ぎたいと思っているなら

上記3つを詰めて考えれば、

その目指す方向性が見えていると思います。

どうしてもテクニカル分析を使いたいのなら、
「+α」の付加価値を付けて

テクニカルオンリーで稼げるのなら既に私がやっていますし、

それだけでは勝てないから、結局は裁量を用いているんです。

 

だから皆さんに伝えるのなら、

 

テクニカルよりも、人間の心理状態であるチャート

これを可能な限り見て、そこから何かを学ぶこと

これが一番のテクニカル分析になる

 

これを根底にしてFXに取り組めば、必ず頭がスッキリする時がきます。

 

だた、どうしてもどうしてもテクニカル分析を使いたい!

私はこのツールを相棒にしての仕上がりたい!と断固として譲らないのであれば、

その分析ツールをベースにして、

自分だけのオリジナリティを付加価値としてつけましょう。

 

 テクニカル分析   +  自分だけの味付け  =  優位性のある手法

(ベースとなるもの)   (オリジナリティ)

 

こればっかりは自分で創り出して下さい。

結局はここが他トレーダーにはない優位性に繋がるのであって、

あなたが持つ絶対的な自信の源泉となるものなんです。

ここまで仕上げる事ができれば、小銭稼ぎが大金を稼ぐ手法へと変化します。


以上がテクニカル分析の説明となります。

使うか否かはご本人様の判断に任せますが、無理して使うより、今目の前にあるチャートへ集中し

稼ぎ出してから応用でテクニカルを手法へ組み入れたりすればいいと思います。

 

テクニカルを使わなければ勝てないという決まりごとはありません。

それなら私は月単位で勝ち続けてませんから。

悩んでいる方は少しでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

月極広告の募集

当ブログでは個人・広告主・代理店様へ向けた月極広告の募集を随時行っております。

30代前半のFXトレーダーで、自身が運営する個別FXスクールの講師。これからFXを始める方に自分自身が経験した事を分かりやすく伝えればと思い、このFXブログを書き始めました。

女性受講者のブログ

ごくごく普通のFX初心者の主婦が、勝てるようになるまでの道のりと日常の色々なことを現在進行形で書いているサイト。